読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

求職者支援訓練webサイト制作科授業資料

フェリカテクニカルアカデミー池袋の求職者支援訓練webサイト制作科7月クラスの授業解説ブログです。

連想配列とは

JavaScript

連想配列とは、数値の代わりに意味のある文字列などをインデックスにすることで、各要素を識別しやすくすることができます。
連想配列の場合、インデックスのことを「キー」と呼びます。

<script>
  var favorites = {
    food : 'カレー',
    color : '青',
    number : 7
  };
</script>


キーに全角文字を入れる場合はシングルコートで囲みます。

<script>
  var favorites = {
    '食べ物' : 'カレー',
    '色' : '青',
    '数字' : 7
  };
</script>


連想配列内の要素を呼び出すには、ドット「.」またはブラケット[ ]でキーを指定します。

ドットで指定する場合

<script>
  var favorites = {
    food : 'カレー',
    color : '青',
    number : 7
  };
  console.log(favorites.food);
  console.log(favorites.color);
  console.log(favorites.number);
</script>

ブラケットで指定する場合

<script>
  var favorites = {
    food : 'カレー',
    color : '青',
    number : 7
  };
  console.log(favorites['food']);
  var key = 'food';
  console.log(favorites[key]);
</script>

配列に値を追加する方法

<script>
  var favorites = {
    food : 'カレー',
    color : '青',
    number : 7
  };
  favorites.sports = 'サッカー';  //値が追加される
  console.log(favorites.sports);
</script>
広告を非表示にする