読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

求職者支援訓練webサイト制作科授業資料

フェリカテクニカルアカデミー池袋の求職者支援訓練webサイト制作科7月クラスの授業解説ブログです。

無限スクロールの導入

jQuery

FacebookTwitterPinterestなどのソーシャルメディアサイトが使っている事で一躍有名になった無限スクロール(英: Infinite Scrolling)ですが、今でもシングルページを利用したウェブサイト、特にコンテンツの量が豊富なギャラリー的なサイトではよく見かけます。
しかし、よく見られるjQueryを使ったシンプルな無限スクロールはコンテンツをすべて1つのHTMLファイル上に記述しておいて、スクロールするたびに「display:block」と「display:none」を使って表示させていく、というものです。人が見る分にはこの形でも良いでしょうが、Googlebot に対してとなると話が変わってきます。

ご自身のサイトのニュース フィードやピンボードで、ユーザーの利便性を考えて無限スクロール(英語)を使用している方もいらっしゃるでしょう。しかし、Googlebot に対してとなると話が変わってきます。無限スクロールでは、クローラーがユーザーの行動(スクロールやボタンを押してさらにアイテムを読み込むなど)を常にエミュレートできるとは限らないため、フィードやギャラリー内のすべてのアイテムにアクセスできないことがあります。クローラーがアクセスできないコンテンツは、検索結果に表示されることもないでしょう。

無限スクロール ページからリンクされている個別のアイテムを検索エンジンがクロールできるようにするには、無限スクロールを分割した一連のページ群を生成するようにしましょう。

f:id:yachin29:20160216192134p:plain

Google ウェブマスター向け公式ブログ: 検索エンジンとの相性を考慮した無限スクロールのベストプラクティス


pushStateによるブラウザの履歴の更新

pushStateとは?

pushStateとは、HTML5でサポートされるAPIです。
ページを遷移せずHTML(の一部)を変えた場合でもブラウザに履歴を残し、また一意のURLを割り当てることが可能です。

HTMLの中身が変わってもAjaxはページを遷移しないのでURLが同じままです(#以下が入れ替わるだけで一意のURLとして処理しない)。

ブラウザの戻るボタンを押しても前のコンテンツを再び表示させることはできません。
本当に前のページに戻ってしまいます。

なのでGoogleは、クロール・インデックスできるように特殊な仕様をサポートしてくれたわけです。

しかしpushStateを使えば、Ajaxで変化させたそれぞれのコンテンツに対してユニークなURLを割り当てられるのです。

つまり検索エンジンにとってクロール・インデックスしやすくなります。

Googleの記事では、無限スクロールは次々にページを捲っていく事と同じとしている。そのため、無限スクロールで新しいコンテンツが表示される度にブラウザの履歴(URL)を更新しなければいけない。さらにスクロールでページを進んだり戻ったりする度にURLを更新させる必要があります。


さらにJavaScriptが切れている状態でも手動でページ遷移出来るような設定も取り入れ、検索エンジンとの相性を考慮した無限スクロールにカスタマイズしましょう。


www.suzukikenichi.com

digiday.jp