webサイトデザインAI入門科授業用ブログ

池袋フェリカテクニカルアカデミーの求職者支援訓練webサイトデザインAI入門科10月クラスの授業解説ブログです。

コーディングルールの設定

複数人でコーディング作業を進める場合、共通のルールや約束事を「コーディング規約」として事前に決めておきます。例えば担当者が独自の勝手なルールでコーディング作業を進めてしまうと、その担当者以外の者がコーディング作業する事が出来なくなってしまうため、サイトの「保守性」や「持続性」などを考えると、ルールが必要になってきます。また自身が制作したサイトでも、一度完成させた数年後に改修を行う事も珍しくないので、やはりルールを設定しておく必要があります。
ただ、あまり厳しいルールを設けると、逆に効率が落ちてしまい、結果として守られないルールになってしまうケースがあるので、その辺のバランスを上手くとる必要があります。


コーディング規約を大きく分けると「命名規則」「コーディング規則」「禁止事項」の3つに分類する事が出来ます。

命名規則

「id・class名」や「ファイル名」などをつける時に適当な名前にするのではなく、チームの他の人間が見た時に意味の解る物にする必要があります。

コーディング規則

インデントの付け方やネストのパターン、コメントアウトの方法など、コーディングする際の細かいルールも明文化しておく事で、サイトの「保守性」の高める事が出来ます。

禁止事項

禁止事項の場合も、出来るだけ具体的に挙げる事でサイトの「保守性」や効率を高める事が出来ます。



コーディング規約の実例

企業などが採用している実際のコーディング規約を参考にして見ましょう。コーディング規約やスタイルガイドは公開している企業はいくつかあるので、色々と参考にして見ましょう。

googleのコーディング規約

Google HTML/CSS Style Guide

githubのコーディング規約

github.com




qiita.com



CSS命名規則

CSS命名規則とは、CSSのメンテナンス性や作業効率を向上させるためのHTMLのクラス名の付け方と、CSSのコードの管理方法の考え方のことを言います。

webdesign-trends.net


アクセサビリティ

W3Cによると、Webアクセシビリティとはすべての人がWebを認識し、理解し、操作し、対話し、貢献することができることを意味します。Webのアクセシビリティには、視覚、聴覚、身体、言語、認知、および神経学的障害を含む、Webへのアクセスに影響を及ぼすすべての条件が含まれます。

coliss.com



具体例
  • ページごとに適切なページタイトルを付ける
  • 適切なアウトライン構造に沿った見出しタグを使う
  • 適切なアンカーテキストを書く
  • img要素のalt属性を適切に設定する
  • class名やid名に一貫性のある命名規則を使用する
  • 背景色と文字色に適切なコントラスト比を設定する



aqcg.jp


qiita.com


felica-web.hatenablog.jp

フレームワークを使ったタイムラインの作成

年表や経歴などで使うタイムラインを作ってみましょう。cssのみで作れるシンプルな物のありますが、今回は「CodyHouse Framework」というフレームワークを使ったアニメーションタイムラインを作成してみます。


Vertical Timeline

codyhouse.co

使用するファイル

  • style.scss
  • main.js
  • imgフォルダ内のsvgアイコン
  • CodyHouse Framework本体のassetsフォルダ

CodyHouse Framework 本体のデータも必要なのでgithubからダウンロードしておきましょう。

github.com




<div class="cd-timeline js-cd-timeline">
<div class="container max-width-lg cd-timeline__container">


<div class="cd-timeline__block">
<div class="cd-timeline__img cd-timeline__img--picture">
<img src="img/cd-icon-picture.svg" alt="Picture">
</div> <!-- cd-timeline__img -->

<div class="cd-timeline__content text-component">
<h2>Title of section 1</h2>
<p class="color-contrast-medium"></p>
<div class="flex justify-between items-center">
<span class="cd-timeline__date">2019/10</span>
</div>
</div> <!-- cd-timeline__content -->
</div> <!-- cd-timeline__block -->




<div class="cd-timeline__block">
<div class="cd-timeline__img cd-timeline__img--picture">
<img src="img/cd-icon-picture.svg" alt="Picture">
</div> <!-- cd-timeline__img -->

<div class="cd-timeline__content text-component">
<h2>Title of section 2</h2>
<p class="color-contrast-medium"></p>
<div class="flex justify-between items-center">
<span class="cd-timeline__date">2020/03</span>
</div>
</div> <!-- cd-timeline__content -->
</div> <!-- cd-timeline__block -->


</div><!-- container -->
</div><!-- cd-timeline -->


<script src="js/main.js"></script>

フルスクリーンナビゲーションの作成

PCレイアウト時にもナビゲーションを隠し、ハンバーガーメニューを付け、全画面で表現をする機会が増えてきました。サイトに合わせた構成をいくつか覚えておきましょう。


www.lumine.co.jp




webdesignday.jp





pulpxstyle.com



index.html

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
<meta charset="UTF-8">
<meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="IE=edge">
<meta name="viewport" content="width=device-width, initial-scale=1.0">
<title>フルスクリーンナビゲーション</title>
<link rel="stylesheet" href="css/style.css">
</head>
<body>
<header>
<h1>Full-screen-nav</h1>
<p id="nav-btn"><span></span></p>
<nav id="g-nav">
<div class="nav-inner">
<ul>
<li><a href="#">Top</a></li>
<li><a href="#about">About</a></li>
<li><a href="#works">Works</a></li>
<li><a href="#contact">Contact</a></li>
</ul>
<div class="nav-box">
<h3>SNS</h3>
<p class="sns-list"><a href="#">Twitter</a></p>
</div>
</div><!-- /.nav-inner -->
</nav>
<div class="main-visual">
<img src="img/main.jpg" alt="">
</div>
</header>


<div class="contents" id="about">
<h2>About</h2>
</div>
<div class="contents" id="works">
<h2>Works</h2>
</div>
<div class="contents" id="contact">
<h2>Contact</h2>
</div>
<footer>

</footer>

<script src="https://ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/3.6.0/jquery.min.js"></script>
<script>
$(function(){
//#nav-btnをon.clickしたら
$('#nav-btn').on('click',function(){
//thisに.clickをtoggleClassする
$(this).toggleClass('click');
//#g-navをfadeToggleさせる
$('#g-nav').fadeToggle();
});

//#g-nav aをon.clickしたら
$('#g-nav a').on('click',function(){
$('#g-nav').fadeOut();
$('#nav-btn').removeClass('click');
});
});
</script>

</body>
</html>


style.css

@charset "utf-8";
/* ress.css • v1.2.2* MIT License* github.com/filipelinhares/ress*/html{box-sizing:border-box;-webkit-text-size-adjust:100%}*,:after,:before{background-repeat:no-repeat;box-sizing:inherit}:after,:before{text-decoration:inherit;vertical-align:inherit}*{padding:0;margin:0;box-sizing:border-box}audio:not([controls]){display:none;height:0}hr{overflow:visible}article,aside,details,figcaption,figure,footer,header,main,menu,nav,section,summary{display:block}summary{display:list-item}small{font-size:80%}[hidden],template{display:none}abbr[title]{border-bottom:1px dotted;text-decoration:none}a{background-color:transparent;-webkit-text-decoration-skip:objects}a:active,a:hover{outline-width:0}code,kbd,pre,samp{font-family:monospace,monospace}b,strong{font-weight:bolder}dfn{font-style:italic}mark{background-color:#ff0;color:#000}sub,sup{font-size:75%;line-height:0;position:relative;vertical-align:baseline}sub{bottom:-.25em}sup{top:-.5em}input{border-radius:0}[role=button],[type=button],[type=reset],[type=submit],button{cursor:pointer}[disabled]{cursor:default}[type=number]{width:auto}[type=search]{-webkit-appearance:textfield}[type=search]::-webkit-search-cancel-button,[type=search]::-webkit-search-decoration{-webkit-appearance:none}textarea{overflow:auto;resize:vertical}button,input,optgroup,select,textarea{font:inherit}optgroup{font-weight:700}button{overflow:visible}[type=button]::-moz-focus-inner,[type=reset]::-moz-focus-inner,[type=submit]::-moz-focus-inner,button::-moz-focus-inner{border-style:0;padding:0}[type=button]::-moz-focus-inner,[type=reset]::-moz-focus-inner,[type=submit]::-moz-focus-inner,button:-moz-focusring{outline:1px dotted ButtonText}[type=reset],[type=submit],button,html [type=button]{-webkit-appearance:button}button,select{text-transform:none}button,input,select,textarea{background-color:transparent;border-style:none;color:inherit}select{-moz-appearance:none;-webkit-appearance:none}select::-ms-expand{display:none}select::-ms-value{color:currentColor}legend{border:0;color:inherit;display:table;max-width:100%;white-space:normal}::-webkit-file-upload-button{-webkit-appearance:button;font:inherit}[type=search]{-webkit-appearance:textfield;outline-offset:-2px}img{border-style:none;vertical-align: bottom}progress{vertical-align:baseline}svg:not(:root){overflow:hidden}audio,canvas,progress,video{display:inline-block}@media screen{[hidden~=screen]{display:inherit}[hidden~=screen]:not(:active):not(:focus):not(:target){position:absolute!important;clip:rect(0 0 0 0)!important}}[aria-busy=true]{cursor:progress}[aria-controls]{cursor:pointer}[aria-disabled]{cursor:default}::-moz-selection{background-color:#b3d4fc;color:#000;text-shadow:none}::selection{background-color:#b3d4fc;color:#000;text-shadow:none}ul,ol{list-style:none;}a{text-decoration:none;}.wrapper{overflow:hidden;}body{overflow-y:scroll;}img{max-width:100%;}

header{
width: 100%;
height: 100vh;
position: relative;
}
h1{
position: absolute;
}
#nav-btn{
width: 80px;
height: 80px;
background-color: rgba(255,255,255,0.5);
position: fixed;
z-index: 1000;
top: 30px;
right: 30px;
cursor: pointer;
}
#nav-btn>span{
width: 50px;
height: 2px;
background-color: #000;
position: absolute;
top: 0;
right: 0;
bottom: 0;
left: 0;
margin: auto;
transition: 0.1s;
}
#nav-btn>span::before{
display: block;
content: "";
width: 50px;
height: 2px;
background-color: #000;
position: absolute;
top: -30px;
right: 0;
bottom: 0;
left: 0;
margin: auto;
transition: 0.2s;
}
#nav-btn>span::after{
display: block;
content: "";
width: 50px;
height: 2px;
background-color: #000;
position: absolute;
top: 0;
right: 0;
bottom: -30px;
left: 0;
margin: auto;
transition: 0.2s;
}
#nav-btn.click>span{
background-color: transparent;
}
#nav-btn.click>span::before{
top: 0;
transform: rotate(45deg);
}
#nav-btn.click>span::after{
bottom: 0;
transform: rotate(-45deg);
}
#g-nav{
/* display: none; */
width: 100%;
height: 100vh;
background-color: #e3e3dc;
position: fixed;
top: 0;
left: 0;
}
.nav-inner{
width: 60%;
margin: 200px auto 0;
display: flex;
justify-content: center;
background-color: #d17878;
}
.nav-inner ul{
border-right: 2px solid #333;
padding: 0 100px;
}
.nav-inner li{
margin-bottom: 20px;
}
.nav-inner a{
font-size: 26px;
color: #222;
}
.nav-inner a:hover{
text-decoration-line:underline;
text-decoration-color: #d17878;
text-decoration-thickness: 4px;
text-underline-offset: 4px;
}
.nav-box{
padding: 0 100px;
}
.main-visual{
width: 100%;
height: 100vh;
}
.main-visual>img{
object-fit: cover;
width: 100%;
height: 100%;
}
.contents{
height: 120vh;
padding-top: 50px;
}
h2{
text-align: center;
font-size: 30px;
}
footer{
height: 100px;
background-color: cadetblue;
}

自身のスキルを説明する

自身のスキルを他者に説明する事は、そのスキルを身に付けるのと同じくらい重要であり、意味のある事です。
「htmlとcssが出来ます」だけでは無く、この6ヶ月で具体的にどういう事を学んだか、どういう事が出来るようになったか、をしっかりと説明しましょう。

html5

htmlの授業ではhtml5を中心に学習しました。HTMLはマークアップ言語であり文書構造(アウトライン)を示す物です。html5ではheader要素やnav要素といった新しい要素を使用する事で、より明確に文書構造を示すことができるようになりました。また、h1~h6を使用し、適切な見出しの設定も行いました。これらはW3Cの仕様に準拠した形で記述しています。


また以下の項目も学びました。

  • picture要素を使い、画面解像度や画面幅、画像形式等に基づいて、開発者が任意の画像を出し分ける「アートディレクション」が可能。
  • video要素やaudio要素を使用することで、動画データや音声データをシンプルに扱う事が出来る。
  • フォーム関連の新しい属性を使う事で、今までJavaScript等で行う事が一般的だった入力補助や入力チェックなどの機能を簡単に導入でき、短い作業時間でユーザーにとっても解り易いフォームを作る事が出来る。
  • HTML APIを使う事で様々は事が出来るようになります。授業ではHistory APIを使用して、ページ毎にユニークなタイトルやh1要素を指定出来る無限スクロールを作成しました。

developer.mozilla.org



css3

cssの授業ではcss3を中心に学びました。css3を使う事で今までビットマップ画像でしか表現出来なかった事がベクター形式であるcssで表現出来るようになりました。この事で、どんな解像度にも対応出来るマルチデバイス対応が容易になりました。

flexboxやgridレイアウト

今まではfloatやpositionを使ったレイアウトが一般的でしたが、マルチデバイスに対応させる為に煩雑な対応が必要でした。この新しいレイアウト方法を使用する事で、マルチデバイスに対応でき、かつ自由なレイアウトが容易に出来るようになりました。

様々な単位

vh、vwや%、remなどを使用する事で、様々なレイアウトをマルチデバイスに対応出来るようになりました。

ビットマップ画像の表示

フルードイメージやobject-fitを使用する事で、画像のアスペクト比に囚われない自由な画像表示が可能になります。

ブラウザ対応

上記で挙げた技術はブラウザーによっては未対応な物もあるので、「can i use」等のサイトで細かく対応ブラウザーとバージョンをチェックする必要があります。

チーム作業を見据えた命名規則

他人が見てもざっくり命名規則がわかる、保守性を考えた命名規則を使用したコーディングが出来ます。

カスタムプロパティを使用したデザイン設計

メインカラーや余白の基準値などを予め変数として保存しておき、必要なところで使用する


SVG

SVG画像を使用する事で、拡大縮小に強く、どのような解像度のデバイスにも対応出来ます。またSVG画像はXML形式で記述されている為CSSで簡単に操作が出来、CSS3のアニメーション機能とも相性が良く、webサイトに簡単にマイクロインタラクションを導入する事が出来ます。
さらに、Ajaxを使う事でhtmlファイルにインラインで挿入した冗長なSVGアニメーションの記述を外部ファイル化し、htmlファイルをシンプルにする事が出来ます。

Javascript/jQuery

  • DOMの操作
  • if文、for文
  • ランダムを使ったおみくじ
  • Ajaxでのファイル操作
  • clcikイベントやscrollイベントの設定
  • css3のアニメーション機能と連動(ハイブリッドアニメーション)
  • 様々なライブラリーを利用

PHP/Wordpress

  • xampp/mampを使った仮想サーバーの構築
  • get/postを使ったデータ通信
  • データベースとの接続およびデータの挿入や検索
  • includeを使ったテンプレート化
  • sessionを使ったデータ保存
  • バーチャルホストを設定して、ルートパスを有効にする
  • wpのオリジナルテーマの作成
  • wpを本番環境にデプロイする

photoshop

  • アートボードを使用して、カンプやバナーを複数サイズ展開させる
  • アセット機能を使った画像書き出し
  • 調整フィルターを使用した画像補正
  • フィルター機能を使用した画像作成

SASS

  • SCSS記法でのSASS
  • @importを使ってパーシャルファイルを読み込む
  • 演算をする
  • if文を使う
  • 関数を使う
  • @mixinを使ったメディアクエリの設定
  • Dart SASSで@useを使ってパーシャルファイルを読み込む
  • コンパイラーを使ってcssコンパイルする

Git

  • gitの基本設定
  • githubとの連動(ローカルにクローンを作成)
  • ブランチモデルに沿ったバージョン管理
  • githubでissue管理
  • github pagesを使ったホスティング

pushStateとajaxを使ってSEOに強い無限スクロールページを作成する

SEOに適した無限スクロールの導入

FacebookTwitterPinterestなどのソーシャルメディアサイトが使っている事で一躍有名になった無限スクロール(英: Infinite Scrolling)ですが、今でもシングルページを利用したウェブサイト、特にコンテンツの量が豊富なギャラリー的なサイトではよく見かけます。
しかし、よく見られるjQueryを使ったシンプルな無限スクロールはコンテンツをすべて1つのHTMLファイル上に記述しておいて、スクロールするたびに「display:block」と「display:none」を使って表示させていく、というものです。人が見る分にはこの形でも良いでしょうが、Googlebot に対してとなると話が変わってきます。

ご自身のサイトのニュース フィードやピンボードで、ユーザーの利便性を考えて無限スクロール(英語)を使用している方もいらっしゃるでしょう。しかし、Googlebot に対してとなると話が変わってきます。無限スクロールでは、クローラーがユーザーの行動(スクロールやボタンを押してさらにアイテムを読み込むなど)を常にエミュレートできるとは限らないため、フィードやギャラリー内のすべてのアイテムにアクセスできないことがあります。クローラーがアクセスできないコンテンツは、検索結果に表示されることもないでしょう。

無限スクロール ページからリンクされている個別のアイテムを検索エンジンがクロールできるようにするには、無限スクロールを分割した一連のページ群を生成するようにしましょう。


f:id:yachin29:20160216192134p:plain

Google ウェブマスター向け公式ブログ [JA] : 検索エンジンとの相性を考慮した無限スクロールのベストプラクティス


pushStateによるブラウザの履歴の更新

pushStateとは?

pushStateとは、HTML5でサポートされるAPIです。
ページを遷移せずHTML(の一部)を変えた場合でもブラウザに履歴を残し、また一意のURLを割り当てることが可能です。
HTMLの中身が変わってもAjaxはページを遷移しないのでURLが同じままです(#以下が入れ替わるだけで一意のURLとして処理しない)。
ブラウザの戻るボタンを押しても前のコンテンツを再び表示させることはできません。本当に前のページに戻ってしまいます。なのでGoogleは、クロール・インデックスできるように特殊な仕様をサポートしてくれたわけです。しかしpushStateを使えば、Ajaxで変化させたそれぞれのコンテンツに対してユニークなURLを割り当てられるのです。
つまり検索エンジンにとってクロール・インデックスしやすくなります。



JavaScriptが切れている状態でも手動でページ遷移出来るような設定も取り入れ、検索エンジンとの相性を考慮した無限スクロールにカスタマイズしましょう。


www.suzukikenichi.com


さらに簡易的なリダイレクト機能を使って、下層ページから入った時にトップページに戻るよう設定しましょう。

<meta http-equiv="refresh" content="0;URL='index.html'" />

以上の内容を踏まえて、今回は検索エンジンが処理しやすい無限スクロールを作っていきましょう。

今回のポイント

  • ajaxを使ったシームレスなページ遷移
  • HTML5APIを使い、各ページにユニークなURLやタイトルを最適化する事が出来る
  • 無限スクロールページを、JavaScript が無効でもアクセス可能な形にする。
  • 各コンテンツページにはトップページに自動的に戻るリダイレクト機能を実装
  • 相対パスはNGなのでルートパス、もしくは絶対パスを使用すること
  • SPA(Single Page Application)の基本的な考え方を理解する

今回の注意点

  • パスは全てルートパス
  • トップページに「トップに戻るボタン」を設置
  • footerは最後のページに設置


特にページのタイトルの最適化は非常に大事です。通常の無限スクロールは1枚のhtmlファイルに無数のコンテンツが記述されていますが、今回のようにhtmlファイルを細分化する事で、コンテンツに応じたより細かいタイトルやURLの設定が可能になります。


API

APIとは「Application Programming Interface(アプリケーション・プログラミング・インターフェイス)」の略語であり、「ある1つの機能に特化したプログラムで共有可能なもの」や「ソフトウェアの機能を共有する仕組み」のことです。よく使う機能がAPIとして用意されていれば、わざわざ一からプログラムを組む必要はありません。必要に応じてAPIを利用し、効率的に開発を進められます。


SPA(Single Page Application)

ブラウザによるページ遷移を行うことなく、単一のWebページでコンテンツの切り替えを行うことで、ユーザーのUXが向上します。JavaScriptフレームワーク(Angular、Vue.js、Reactなど)で作成される事が多いです。



github.com

<script>
		$('#container').cleverInfiniteScroll({
			contentsWrapperSelector: '#container',
			contentSelector: '.wrapper',
			nextSelector: '#next',
		});
	</script>

デモページ
felica29.starfree.jp



Javascriptによるリダイレクト

Javascriptによるリダイレクトの方法もあるので、試してみましょう。

setTimeout("redirect()", 0);
function redirect(){
    location.href='../index.html';
}





digitalidentity.co.jp


note.com




面接について考える

note.com